zeronet
貸金業務取扱主任者資格試験対策


このページではブラウザバック(戻る)を使用しないでください


<問題1>

貸金業の廃業等の届出及び登録換えに関する次の1〜4の記述のうち、その内容が適切なものを1つ選んでください。

※貸金業法第3条第1項に規定する登録(以下、本問において「貸金業の登録」という)
※「貸金業の登録を受けていない都道府県」(以下、本問において「当該他の都道府県」という)

1 ] 都道府県知事から貸金業の登録を受けた貸金業者が、当該他の都道府県の区域内にも営業所又は事務所を有することとなった場合、当該貸金業者は、当該他の都道府県の知事から新たに貸金業の登録を受けなければならない。
2 ] 貸金業者が貸金業を廃止した場合、貸金業者であった個人又は貸金業者であった法人を代表する役員は、貸金業を廃止した日から30日以内に、貸金業の登録をした内閣総理大臣又は都道府県知事にその旨を届け出なければならない。
3 ] 法人である貸金業者が合併により消滅した場合であっても、貸金業の登録は、その効力を失うことなく、合併によって存続する法人にその登録の効力が承継される。
4 ] 個人である貸金業者が死亡した場合、当該貸金業者の事業を承継すべき相続人は、被相続人の死亡後1年間は、引き続き貸金業を営むことができる。


●当サイトに掲載されている情報は、正確性・最新性・品質について、いかなる保証もいたしません
●当サイトに掲載されている内容で、いかなる損害が発生しても、当管理人は一切の責任を負いません
●当サイトはリンクフリーです
●当サイトは携帯電話からもご覧いただけます

zeronet