zeronet
貸金業務取扱主任者資格試験対策


このページではブラウザバック(戻る)を使用しないでください


<問題1>

消滅時効に関する次のア〜エの記述のうち、その内容が適切なものの組み合わせを1〜4の中から1つ選んでください。

ア: 債権者が、「債務者に対する債権の弁済期の到来後、消滅時効期間が経過するまでの間」(以下、本問において「時効期間中」という)に、債務者から債務承認書の提出を受けるなどの方法により、その債務の承認を得た場合であっても、当該債権者の当該債務者に対する債権の消滅時効の中断の効力は生じない。
イ: 債権者が、時効期間中に、債務者を被告として民事訴訟を提起した後、当該訴えを取り下げた場合、当該債権者の当該債務者に対する債権の消滅時効の中断の効力は生じない。
ウ: 債権者が、時効期間中に、債務の弁済を請求する文書(請求書)を債務者に交付した場合、債務者が請求書を受領した時点で、直ちに当該債権者の当該債務者に対する債権の消滅時効の中断の効力を生じる。
エ: 債権者が、時効期間中に、簡易裁判所に民事調停を申し立てたが、債務者との間で調停がととのわない場合、当該債権者が1か月以内に訴えを提起しなければ、当該債権者の当該債務者に対する債権の消滅時効の中断の効力を生じない。

1 ] ウ、エ
2 ] ア、ウ
3 ] ア、イ
4 ] イ、エ


●当サイトに掲載されている情報は、正確性・最新性・品質について、いかなる保証もいたしません
●当サイトに掲載されている内容で、いかなる損害が発生しても、当管理人は一切の責任を負いません
●当サイトはリンクフリーです
●当サイトは携帯電話からもご覧いただけます

zeronet