zeronet
貸金業務取扱主任者資格試験対策


このページではブラウザバック(戻る)を使用しないでください


<問題1>

保証人(連帯保証人ではないものとする。以下、本問において「保証人」という)に関する次の1〜4の記述のうち、その内容が適切でないものを1つ選んでください。

1 ] 保証人の負担が、債務の目的又は態様において主たる債務より重いときは、その負担は、主たる債務の限度に減縮される。
2 ] 数人の保証人が主たる債務者の金銭債務を保証する場合には、各保証人が各別の行為により債務を負担したときであっても、民法上、各保証人は、主たる債務の全額に相当する額について保証債務を履行する義務を負う。
3 ] 債権者は、主たる債務者にその債務の履行を催告したが、主たる債務者が債務を履行しなかったため、保証人に保証債務の履行を請求した。この場合において、保証人が、主たる債務者に弁済をする資力があり、かつ、執行が容易であることを証明したときは、債権者は、まず主たる債務者の財産について執行をしなければならない。
4 ] 主たる債務者に対する履行の請求その他の事由による消滅時効の中断は、保証人に対しても、その効力を生ずる。


●当サイトに掲載されている情報は、正確性・最新性・品質について、いかなる保証もいたしません
●当サイトに掲載されている内容で、いかなる損害が発生しても、当管理人は一切の責任を負いません
●当サイトはリンクフリーです
●当サイトは携帯電話からもご覧いただけます

zeronet